顎関節症

顎関節症の三大症状

「あごが痛い」「口が開かない」「カクカク音がして痛い」です。
最も重要なことは口が開かなくなってから早期に受診することです。
開かない状態で放置すると関節が固定されて難治性になってしまいます。
そのため口が開かない場合はすぐに受診をして下さい。
ほとんどの症例は顎関節の整体ストレッチと開口訓練で改善されます。
①あごが痛む
顎関節および周辺の頬やこめかみの痛み。
口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、あごを動かした時に痛むのが特徴。
②口が大きく開けられない(開口障害)
正常な人は縦に指が3本分入る(40~50mm)が、指が2本程度(30mm)、もしくはそれ以下しか入らない。
あごを動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、顎関節の異常で口が大きく開けられない場合とがあります。
いきなり口が開かなくなる場合と徐々に開きづらくなっていく場合があります。
②あごを動かすと音がする(関節雑音)
あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」音がする。
「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音の場合もある。
症状が音だけの場合は、顎関節症予備軍と言えますが治療は必要ないことが多いです。
③その他の症状
代表的な症状以外にも、顎周辺だけでなく他の部位に症状が現れることもあります。
『頭痛』『首や肩・背中の痛み』『肩こり』

顎関節症の主な原因

①「くいしばり」「歯ぎしり」
筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけダメージを与えるため最も大きな原因と言われてます。
くいしばり・・・肉体労働や仕事などに集中している時に無意識に行っています。
歯ぎしり・・・音のしない歯ぎしりもあります。
②ストレス
仕事や家庭、人間関係などのストレス、その他精神的な緊張は筋肉を緊張させてくいしばりや夜間の歯ぎしりを起したりと顎関節に影響を与えます。
③偏咀嚼
左右どちらか一方でばかり噛む癖を偏咀嚼といい、片側だけに多くの負担をかけることになり発症の原因になります。
④顎や筋肉に負担をかける癖や習慣
うつ伏せ寝、頬杖をつく癖、あごの下に電話をはさむ、猫背の姿勢など。
⑤悪い噛み合わせ
噛みあわせについては直接的な原因というより、偏咀嚼やブラキシズムの原因として関連していると言われています。
⑥外傷
顎や頸部頭などを強く打って顎関節や靱帯を損傷した場合。

顎関節症の治療方法

理学療法
顎関節のストレッチ、顎の整体を行い開口や顎を動かす訓練をして口がよく開くようにします。
スプリント療法
マウスピースを装着することで顎関節や筋肉への負担を軽くして歯ぎしりや食いしばりを緩和します。
薬物療法
痛みが強い場合は鎮痛剤、筋肉が痛みで固まっている場合には筋弛緩剤を用いることもあります。
かみあわせの調整
かみ合わせの異常が歯ぎしりの原因となっている時は簡単な噛みあわせの治療を行います。


親知らず

親知らずとは、上下左右の奥歯の最も後ろに生えてくる歯で、10代後半~20代前半に生え始めます。
日本人は顎が小さいため、生えそろった後に出てくる親知らずは正常に生えずに横に向いている場合が多く、炎症を起こしたり虫歯になりやすく歯科治療も難しい部位になります。
親知らずと痛みは切っても切れない縁でつながっています。
突然でる痛み、繰り返す痛み。
残念なことに親知らずの痛みは予防することはできません。
妊娠中や試験の前など時として出て欲しくない時に出てきます。
当院では基本的に患者さんの希望を優先して抜歯するかしないかを決めるためメリットとデメリットを理解していただきたいと考えています。

親知らずって抜かないといけないの?

抜歯をした方がいい親知らず

① 虫歯になった場合
親知らずは歯ブラシや治療器具が届きにくく虫歯になってしまうと、治療やその後のメンテナンスが難しく高確率で再発します。そのため、虫歯になったら治療をせずに抜歯をすることもあります。
親知らずの最も怖い点は汚れが歯の周りの歯肉にたまって起こる炎症(歯冠周囲炎)が悪化し、顎骨の炎症にまで広がっていくことです
親知らずの影響で周りの歯も一緒に虫歯になることがあり、また歯がぼろぼろになってしまうと抜歯が困難になります。
そのため抜歯をするなら早期にした方がメリットがあります。
② 生え方が悪い場合
親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があります。
将来的に虫歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高く、手前の健康な歯を巻き添えにしてしまうことがあります。
そのため問題が起こる前に抜歯しておくことがあります。
③妊娠中はホルモンのバランスで妊娠性歯周炎になりやすく、女性の方は、妊娠中に親知らずの周りの歯肉が腫れることがあるので妊娠前に抜歯しておくことを お勧めします。

抜歯しなくてもよい親知らず

歯を抜かないにこしたことはありません。抜くことなく、そのまま残しておいてよいと考えられるケースは以下の場合です。
①手前の歯と同じようにまっすぐ生えて、歯磨きも特に問題なくできる場合。
②骨の中に完全に埋まっていて、レントゲンにて問題が無い場合。
③その他、特に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合。
④まっすぐ生えて上下の歯で噛み合っている場合。
将来、他の歯(奥歯)が抜歯するほど駄目になってしまった際、親知らずをその部分に移植できることがあります。
⑤歯根の先が神経に重なっている場合
横に向いている時や埋伏した親知らずは歯根の先が唇や顎の感覚神経と重なっていることがあります。
その状態で抜歯をすると神経を傷つけ麻痺を起こす危険があります。
そのため軽度の炎症なら当院では抜歯をしないようにしています。
どうしても抜歯が必要な場合は2回に分けて手術を行い神経から歯根を少しでも離して抜歯を行います。


1015-2.jpg
矢印のところに神経があります。

抜歯するタイミングは?

抜歯をするなら早いほうがいいでしょう。
年齢が高くなるにつれ骨が硬くなり抜歯の難易度が上がります。
女性は妊娠の可能性がある前の時期に抜いた方が安心です。

抜歯後の痛みを少なくするには

お口の中を清潔にした状態で抜歯すると痛みを少なくできます
無菌状態にはできませんが細菌が多い状態で抜歯すると傷口から細菌が多く入り、腫れや痛みの原因になります。
また歯肉を健康な状態にしておくと、傷口の治りが早く抜歯した後の穴が早くとじます。
歯肉が腫れた状態で抜歯すると麻酔が効きにくいだけでなく、出血が止まりづらく痛みや腫れが出やすいです。
抜歯前に歯石やプラークを除去しクリーニングをしっかりしておくと痛みが少なくできます。

ご不明な点は
お気軽にお問い合わせください。
078-977-0788